News Ticker

容器と水量の基本

組分けテスト前に目を通しておこう。
容器と水量(問題文と解説) 
(1) 1辺が8cmの立方体の容器に,3cmの深さまで水が入っています。 この中に底面が1辺4cmの正方形で,高さが3cmの直方体のおもりをしずめます。このおもりを1個しずめると,水の深さは何cmになりますか。さらに,2イ固目のおもりを1個目のおもりの上に重ねて置くと,水の深さは何cmになりますか。
(2) 底面積が96cm2で高さが30 cmの直方体の容器に,11cmの深さまで水が入っています。いま,この容器に底面積が30 cm2で,高さが30 cmの直方体の棒をまっすぐに底に立てました。そして,この棒をまっすぐに底から2cm引き上げました。容器の中の水の深さは何cmになりましたか。

<関連>
<・水量変化と水深の問題一覧>,
<・水量変化とグラフの問題一覧>

ヘクトパスカルは四谷大塚予習シリーズの手書き解説を配信するサイトです。
このページは頻繁に更新しています。
[和と差に関する問題の一覧]
[数の性質に関する問題の一覧]
[割合に関する問題の一覧]
[速さに関する問題の一覧]
[平面図形の問題一覧]>

[立体図形に関する問題の一覧]
[条件整理と場合の数 問題一覧]

[数列と規則性の問題一覧]


<図形の基本問題一覧



中学受験の計算問題一覧
偏差値50~55近辺の問題一覧
偏差値60近辺の問題一覧
※テキストは四谷大塚でお買い求めください。
中学受験の算数・理科ヘクトパスカル

Leave a comment