News Ticker

流水算の解き方 問題一覧

<流水算と解き方がよくわかる>
・流水算-1
■静水時の速さが毎時20kmの船が,A地点から40km上流にあるB地点まで上るのに2時間30分かかりました。
(1) この川の流れの速さは,毎時何kmですか。
(2) 同じ船が,B地点からA地点まで下るのに何時間何分かかりますか。

・流水算-2
■ある船が,一定の速さで流れている川の42 km 離れている2地点間を往復したところ,上りは3時間,下りは1時間45分かかりました。この船の静水時の速さ,川の流れの速さはそれぞれ毎時何kmですか。

・流水算-3
■流れの速さが毎時2.4 kmの川を,ある船が上流のA町から下流のB町まで下ると25分かかり,B町からA町まで上ると45分かかります。A町からB町まで何kmありますか。

・流水算-4 グラフを読みとる
■<静水時の速さが等しいP,Q2そうの船が,川にそったA,B2つの町の間をそれぞれ往復しました。右のグラフは, P. Q2そうの船が同時にA町,B町を出発してからの時間と.A町からのきょりの関係を表したものです。これについて。次の問いに答えなさい。
(1) この川の流れの速さは毎時何kmですか。
(2) P. Qの船が2回目に出会ったのは,A町から何kmのところですか。

・流水算-5 グラフを読みとる
■静水時の速さが等しい2そうの定期船P,Qが, 36km離れたA町とB町の間を往復しています。右のグラフは,このときのようすを表したものです。
(1)静水時の船の速さと,川の流れの速さはそれぞれ毎時何kmですか。
(2)定期船が2回目にすれちがった地点はA町から何km離れたところですか。

・流水算-6 グラフを読みとる ※難
■静水での速さが同じ2せきのボートAとBが,一定の速さで流れる川に沿って15km離れたP町とQ町の問を移動します。Aは下流にあるP町を出発し,途中のR地点でエンジンを止め,しばらくして再びエンジンをかけ0町に向かいます。また,BはAと同時にQ町を出発し,R地点でエンジンを止め,しばらくして再びエンジンをかけP町に着いた後,すぐにQ町までもどったところ,Aと同時にQ町に着きました。2せきのボートの速さは一定で,エンジンを止めている間は川の流れと同じ速さで流れます。右の図は,ボートAのP町を出発してからの時間とP町からの距離の関係を表したものです。
(1) 川の流れの速さは分速何mですか。
(2) Bがエンジンを止めていた時間は何分間ですか。

・流水算-7 (2)はやや難
■(1) 川の上流と下流にある2地点をボートで往復すると,行きは3時間かかり,帰りは5時間かかります。ある日,川の流れがいっもより毎時l km速くなっていたので,行きは2時間30分かかりました。帰りは何時間何分かかりますか。
(2) 川下のA地から川上のB地まで48kmあります。モーターボートでA地からB地へ行き,休ますにA地へ引き返すといつもは7時間かかります。モーターボートの上りの速さを調べると時速12kmでした。ある日,いっもより速さをおそくして,A地からB地まで上ったところ,いっもの 4/3 倍の時間がかかりました。モーターボートの速さをおそくしたままで,B地からA地まで川を下るときの速さは時速何kmですか。ただし,川の流れの速さは一定であるとします。

・流水算-8 ※難
■ある川の下流のA地からB地までボートで上るのに,太郎君は28分かかり,次郎君は42分かかります。また,太郎君がA地からB地に向かって上り,同時に次郎君がB地からA地に向かって下ると,2人は12分後に出会います。2人がボートをこぐ速さと川の流れの速さはそれぞれ一定として,次の問いに答えなさい。
(1) 次郎君がB地からA地まで,ボートをこがずに下ると何分かかりますか。
(2) 太郎君がA地からB地まで上り始めましたが,途中で何分間かこぐのをやめていたので,B地に着くまでに36分かかりました。太郎君がボートをこぐのをやめていた時間は何分ですか。

流水算|偏差値60近辺の問題 第19回
■<・・何分間かエンジンが止まって流されたので,往復するのに48分・・・>

 

◆テキストは四谷大塚にてお買い求め下さい。
◆著作権は中学受験の算数・理科ヘクトパスカルに帰属します。転載または、商用での無断使用を禁止します。
◆予習シリーズ手書き解説のコース名と価格表
予習シリーズ手書き解説のお申し込みについて
ヘクトパスカルは四谷大塚予習シリーズの手書き解説を配信するサイトです。
 
[和と差に関する問題の一覧]
■平均に関する問題
■和差算と分配算
■消去算
■年令算
■やりとりの問題
■とりちがえの問題
■差集め算の問題
■集合の問題
■つるかめ算に関する問題
(いもづる算含む)
偏差値50~55近辺の問題-1
偏差値50~55近辺の問題-2
偏差値50~55近辺の問題-3
[速さに関する問題の一覧]
■速さと道のり(基本)
■往復の平均の速さ
■速さと比の問題
■速さのつるかめ算
■旅人算に関する問題の一覧
■旅人算と比
■旅人算とダイヤグラム
■時計算
■通過算
■歩幅と歩数
■動く歩道
■エスカレーター
■流水算
[割合に関する問題の一覧]
■割合の3用法とその応用
■割合のやりとり算
割合のつるかめ算
■相当算(還元算)
■分配算
■倍数算
■売買損益
■食塩水の問題
■比の基本問題
入試問題(食塩水)
入試問題(売買損益)
偏差値50~55近辺の問題(相当算)
偏差値50~55近辺の問題(食塩水) 
[仕事に関する問題の一覧]
■仕事算(のべ量)一覧
■仕事算(穴のあいた水そう)一覧
■ニュートン算一覧
[平面図形の問題一覧]>
■角度や面積を求める
■対角線の本数
■面積と辺の比
■相似な図形
■円とおうぎ形
■正六角形の分割
■図形の折り返し
■図形の平行移動
■回転移動・転がり移動
■格子点上の問題
■図形の構成
■影の問題
■図形上の点の移動

<図形の基本問題一覧
[立体図形に関する問題の一覧]
tag 柱体と錐体
■複合立体の求積
■展開図の応用(立体表面上の最短距離)
■投影図の応用,
■(立体)立方体の切断
■立体の構成の問題
■立体をくりぬく
■積み木の投影図
■立体に色をぬりばらばらにする
偏差値50~55近辺の問題-第11回
■図形の基本問題
■容器と水量(水量変化と水深)
[条件整理と場合の数 問題一覧]
■最短の道順とサイコロ(和の法則)
■順列(ならべ方)
■組合せの問題
■色のぬり分け
■複雑な並べ方と組み合わせ
■図形と場合の数
■ルールの問題
■推理の問題
■投票の問題
■階段の上がり方 
■きまりを見つけて解く問題
■入試問題
[数列と規則性の問題一覧]
■植木算
■周期算
■曜日の問題
■フィボナッチ数列
■等差数列
■階差数列
■群数列
いろいろな数列
■三角数
■数表の問題
偏差値50~55近辺の問題-第8回
偏差値50~55近辺の問題-第9回
[数の性質に関する問題の一覧]
■倍数と約数の問題
■わり算のあまりと公倍数
■最大公約数と最小公倍数
■素因数分解とその応用
■既約分数の個数
■四捨五入とその範囲
■分数と小数の応用

■tag N進法
■整数の分解
偏差値50~55近辺の問題-1
偏差値50~55近辺の問題-2
[tag検索一覧]
和差算2 消去算 つるかめ算 割合のつるかめ算 いもづる算 弁償算 差集め算 過不足算 平均に関する問題 集合 ベン図 やりとり算 相当算 分配算 倍数算 売買損益 食塩水 通過算 時計算 流水算 ニュートン算 歩幅と歩数
 動く歩道 ダイヤグラム 旅人算 整数の分解 料金を考える問題 場合の数 組み合わせ 投票 等差数列 フィボナッチ数列
柱体と錐体