News Ticker

「仕事算の問題(1)」|考え方と解き方

仕事算-1のサムネイル

仕事算

<仕事算に関する問題-1 解説 pdf>

■ある製品を作るのに,機械Aを使つて作ると2時間で 30個の製品を作ることができます。同じ製品を機械 Bを使つて作ると11時間30分で24個の製品を作ることができます。これについて,次の問いに答えなさい。
(1)機械Aを 1時間使うと,何個の製品ができますか。
(2) 2つの機械を同時に3時間使うと,何個の製品ができますか。
(3) 100個の製品を,機械Aを使つて作ると何時間何分かかりますか。

 
<・仕事算の問題一覧>

ヘクトパスカルは四谷大塚予習シリーズの手書き解説を配信するサイトです。
このページは頻繁に更新しています。
[和と差に関する問題の一覧]
[数の性質に関する問題の一覧]
[割合に関する問題の一覧]
[速さに関する問題の一覧]
[平面図形の問題一覧]>

[立体図形に関する問題の一覧]
[条件整理と場合の数 問題一覧]

[数列と規則性の問題一覧]


<図形の基本問題一覧



中学受験の計算問題一覧
偏差値50~55近辺の問題一覧
偏差値60近辺の問題一覧
・予習シリーズの手書き解説サンプル(算数と理科)はトップページのスライドギャラリーにあります。

(関連ページ)
仕事算の問題その1

中学受験の算数・理科ヘクトパスカル

Leave a comment