News Ticker

点の移動

上第12回必修例題4のサムネイル

点の移動

<点の移動の問題>
右の図で,点PはAD上をAからDまで,点QはEF上をFからEまで,点RはBC上をBからCまでそれぞれ毎秒l cm, 2 cm, 3cm の速さで同時に動き出します。
(1)5秒後にPRとEFの交わった点をSとするとき,SQの長さは何cmですか。
(2) 3点P. Q. Rが一直線上に並ぶのは,動き始めてから何秒後ですか。

 
 

◆四谷大塚予習シリーズ算数の手書き解説です。
◆四谷大塚 予習シリーズ のテキストは四谷大塚よりお買い求め下さい。
◆著作権は中学受験の算数・理科ヘクトパスカルに帰属します。転載または、商用での無断使用を禁止します。
予習シリーズ手書き解説のサンプルページ
◆予習シリーズ手書き解説のコース名と価格表
予習シリーズ手書き解説のお申し込みについて

 
 

ヘクトパスカルは四谷大塚予習シリーズの手書き解説
サイトです。
このページは頻繁に更新しています。
 
[和と差に関する問題の一覧]


[数の性質に関する問題の一覧]

    
[割合に関する問題の一覧]


[速さに関する問題の一覧]

ヘクトパスカルは四谷大塚予習シリーズの手書き解説
サイトです。
このページは頻繁に更新しています。
・平面図形の問題


  
[立体図形に関する問題の一覧]

[変化とグラフの問題]

  辺や頂点の数,
[条件整理と場合の数 問題一覧]

   
[数列と規則性の問題一覧]

  


<図形の基本問題一覧